自己処理について

ムダ毛の自己処理をするときの注意点

ムダ毛の自己処理

自己処理(じこしょり)とは、ムダ毛を自分で抜いたり剃ったりして、自分の手でムダ毛を無くすことです。


私も最初は慣れませんでしたけど、脱毛サロンのなかでエステティシャンさんとお話しする時にもふつうに「自己処理」という言葉がでてきます。


自己処理の問題はけっこう重要です。


ラヴォーグのような脱毛サロンに通っていても、脱毛施術が完了するまでの間は、自己処理をし続けなくてはいけません。ここで間違った方法を選んでしまうと大変!ってことですね。


ムダ毛の自己処理の基本ルール

自己処理の基本ルール

ムダ毛の自己処理の基本ルールは、単純です。


@できるだけ抜く系統の自己処理は避けた方が良い。
Aカミソリで処理できる部位は、カミソリで剃るのが良い。
Bどんな方法でも、事前事後のケアは必要。


こんな感じです。順に説明します。


毛抜きはできるだけ使わない方が良い

毛抜きを使うと、毛根部に与えるダメージがとても大きくなってしまいます。毛根部の周囲の組織ごと引き抜く、ということになってしまうんですね。


抜いた毛の毛根部を見ると、ぷよぷよした組織が付いていますよね。あれです。毛抜きでムダ毛を抜くと、毛根部にケガをさせてしまうような状態になってしまいます。


もちろん毛抜きでないと対応できない部位はありますけれど、できるだけ使うのを避けた方が良いです。


毛抜きのように、抜く系統に入る自己処理方法は、他にも脱毛ワックスとか、脱毛テープがありますね。こうしたものも、同じくできるだけ使わない方が良いです。


カミソリで剃れる部位はカミソリを使うと良い

カミソリは正しく使えば、(自己処理方法の中では)肌への負担を一番低くおさえることができます。


カミソリは毛根部はそのまま残して、ムダ毛を途中でカットしているわけで、毛根部にはダメージが伝わらないことが大きいわけです。


ただ、カミソリは、ごく薄くですが、皮膚の表面を削ってしまいます。しっかり専用のシェービングジェルとかを使うようにしましょう。あとは事前事後のケアも重要です。


カミソリのように、ムダ毛を途中でカットする系統の自己処理方法は、電気シェーバーとか、脱毛クリーム(除毛クリーム)などがあります。


電気シェーバー

脱毛クリーム(除毛クリーム)は含まれている薬剤に合わない場合もあるので、いちがいに皆におすすめすることはできないのですが、電気シェーバーは意外に優れものですよ。


電気シェーバーは、刃のガードがあるので、カミソリよりもさらに肌への負担が少ないです。カミソリよりも高くなってしまうのが難点ですけれど、試してみる価値はあると思います。


自己処理前後のケア

自己処理前後のケア

これはもう、何と言っても蒸しタオルを使うことがおすすめです。


自己処理前後のケアは、次の3点が基本です。
@自己処理前には温める
A自己処理後には冷やす
B最後に保湿する


蒸しタオルを使うと、最初に温めることに使うことができて、自己処理が終わる頃には蒸しタオルも冷えていますので、冷やすことに使えるようになっています。


蒸しタオルは、電子レンジで簡単に作ることができます。タオルを濡らして、ラップで包んで30秒ぐらい温めればOKです。電子レンジで加熱する時間で、好みの温度になるように調整できます。


最後に保湿をして、自己処理は完了です♪


全身脱毛サロン『ラヴォーグ 横浜西口店』について紹介しています。格安料金で全身脱毛したい人は、TOPページから詳細を確認してみてください。脱毛情報なども順次追加しています!